スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
王子様は・・・?
つい10日前には、なかなか始まらない紅葉を迎えに摩周湖まで行ったわん・ダーフォーゲル部。
今日は慌てて紅葉を追いかけ函館方面へ走って来ました。
「あら?いつの間に紅葉が通り過ぎたんだろ?」とカナリーヌは首を傾げています。
今年は大雪の圧倒的な紅葉を観ていないのでなんとなく物足りないのでしょう。
さてニセコはもう終盤を向かえているようです。「海向山が見頃みたいだよ!」ネットを探りながらユピー父さんが指を鳴らしました。
ちょっと遠いけどいい山の為なら惜しみない頑張りをみせるわん・ダーフォーゲル部(と言っても行きも帰りも運転するのは父さんだけフヌ
午後に札幌を出発、夕方八雲のスーパーでお寿司を買いました。外食が大の苦手なカナリーヌはコンビニ弁当も苦手、お弁当を作る暇がない時や旅先では「ほか弁」のカラアゲカレーしか食べません!
それもない街では添加物が少なく新鮮そうなお寿司を買います
海くんも食べれますからね!
その八雲のスーパーのお寿司がなんと意外な美味しさ!とにかくネタが新鮮!おまけに安いのです!
すっかり大満足して最近リニューアルした南茅部温泉へ。
新しい気持ちのいい温泉で暖まり近くのキャンプ場で星を眺めながらおやすみなさい。
翌朝は道南といえキーンと冷えた中、昨夜買ったサーモン巻きと春雨スープで腹ごしらえをしました。
海向山は去年の秋にも訪れましたが紅葉は終わっていたのです。
今年はどうかな?どきどきしながら登山口のあるホテルの坂を登って行くと…「★山が燃えてる~!」
07102401.jpg

本当にまるで炎に包まれたような見事な紅葉です!
海くんも紅葉に染まりゴールデンじゃないオレンヂレトリバー?

07102402.jpg


07102409.jpg

ところでこの海向山には野生の馬が棲息しています。登山道のあちこちに馬糞があったり足跡がついています。
ですがやはり野生、なかなか遭遇は出来ないようです。
一体どんな馬がいるのでしょう?「野生の熊なら何回か会ったけど、普通山に馬はいないよね~。でも会ってみたいなぁ」 去年馬がいることを知ってからカナリーヌはたびたび口にしていました。
もちろん簡単に会えるのは諦めていたわん・ゲル部。見事な紅葉だけでかなり満足しながら下山につきました。途中展望が素晴らしい広場に寄って撮影しようと道を外れたユピー父さん、「かなちゃん!馬だよ!」と小声で手招きします。
なんとそこには一心に草を食む数頭の馬の群れ! 紅葉の小山をバックに白い葦毛、まるで絵本の中に迷いこんだようです。

07102403.jpg


07102404.jpg


07102405.jpg


「白馬だ!白馬と言えば王子様…乗ってないか(^∀^)ノ」
「ってか乗ってたら怖いわ!」
「おかぁさんの王子様はボクじゃないですか!」
興奮するカナリーヌに冷静に突っ込みを入れる父さんと海くんも興奮気味。

ん?海くんはどうやら「怖い物は見なかった事にする」主義にのっとりあらぬ方を見ているようです。
07102407.jpg


こちらに気付いたら直ぐに逃げてしまうでしょうから、そっと距離を縮めて行きましたが、まるで気に留める様子のない馬さん達。
あちらからも現れ7頭の群れになりました。「こんにちわ!」調子にのったカナリーヌが海くんを連れて近づいてもチラッと見るだけ。その内あろうことか栗毛の大きな馬が二頭近づいて来ました!
07102406.jpg

必死で見ない振りを決め込んでいた海くんもこれには堪らず「ワフッ」と悲鳴をあげました。
四本足の動物ならなんでも大好きなカナリーヌ(あぁ撫でてみたい!でも…野生の生き物には触ってはいけない。自然の中では、とっていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけって標語がさっき登山口に書いてあったし)と触りたい衝動を抑えました。
07102408.jpg

どんどん回りに馬が集まり手を伸ばすと本当に触れそうな距離で写真を撮らせてもらいました。
結局30分以上も馬達と過ごしお別れをしたのでした。
来年もまた会えるといいですね!
カナリーヌは街の中で暮らしていますが、たまに息が詰まると日高の又吉を想います。又吉とは一昨年日高の山でうんちをしている時にカナリーヌ達がやって来て、大慌てで逃げて行った大きな熊です。バケツ一杯分の見事なウンチでした。
間近で見たあの慌てた表情が忘れられないカナリーヌ。(又吉はもう冬眠の用意したかしら?ちゃんと木の実にありついてるかしら?)街にいてもあの山深くに又吉が暮らしていると考えただけて胸が温かくなります。
そして今日からは海向山の馬達の事でも温かい気持ちになれそうですね。
おっと、もちろんカナリーヌのとっておきの幸せの素はもちろん海くんですよ! 海くんこそカナリーヌの大切な王子様ですからね!

ちなみに海王子、余程馬さんが恐ろしかったのか、その夜かなりうなされていたようです。
これじゃやっぱり白馬に乗った王子様にはなれませんね絵文字名を入力してください
スポンサーサイト
【2007/10/25】 | --- | コメント(2) | page top↑
<<きのこ隊 | ホーム | おとぎの国から>>
コメント
ホントびっくりですよ!
まさか山の中に馬がいるなんてねぇ~!
ロバのような顔でしたよ!また会いに行きたいな~!
海向山は登りやすいし、1時間位の手軽な山なので
たっくん一家にも最適だと思います。
来春のキャンプは道南に行って一緒に登りましょう!
【2007/10/26 07:05】 URL | カナリーヌ [ 編集] | page top↑
いつもながら
いい写真写しますね。カイパパは!
それにしてもv-291野生の馬に出会えて最高ですね。一度でもいいんで見てみたいものです。やっぱり自然はサイコー!
【2007/10/25 23:15】 URL | タック [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。