FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
男の背中

「もう駄目!待ちきれない!」カナリーヌ母さんは焦れていました。何しろ今年の残暑は長すぎました。そのお陰でなかなか山が色付かず紅葉しないまま初雪を被ってしまいそうなのです。
「よしっ!ならいっそ紅葉を探しに行こう!」とわん・ダーフォーゲル部は道東遠征に旅立ちました。
日勝峠はさすがに色付いていますがやはり例年より紅葉は進んでいません。
オンネトーも例年なら見事な紅葉に縁取られていますが今はやっと始まったばかり。
それでもオンネトーブルーの湖面に赤や黄色の木陰が映えています。
「海くんも男として初秋の時期、背中にもやっと男の色気が出てきたわ」とカナリーヌは独り悦に入っています。
07101301.jpg


かじかんだ手をさすりながらオンネトー温泉景福へ。
このお湯は何故かミルキーブルーで広い露天が特にお気に入りなのです。今日も本を持ち込み温めの湯に浸かりながら読みふけっていました。
普段からお風呂の中、ベットの中リビング、車の中至るところに本を置いているカナリーヌですが「特にお気に入りの温泉に浸かりながら読むのが最高」らしいですよ。
さてお湯も読書も堪能しホカホカしながらユピー父さんを待ちました。程なく男湯から湯気を立てながら出てきたユピー、ん?その頭から立ち上る湯気がちょっとおかしい?
「今、女湯に怪しい親父が入って行ったろ?」「え?気が付かなかったけど?」「変な親父が内湯から女の露天を通って来たよ!本を読んでる★若い★人が入ってたってニヤニヤしやがった!」
えっなんとそんな事には気が付かなかったカナリーヌ、どうやら背中を向け首まで浸かりながら本に没頭していたので分からなかったらしいのです。
「ぎゃあ~!何それ!★若い人★ってかなしかいないじゃない~!」まぁ幸いたくましい裸体は見られなかったようですが、「相変わらずぼんやりしてんなぁー! 俺はその親父にガッツリ文句を言ってきたぞ!」憤りが治まらないユピーはまだ頭から湯気を立てています。
考えてみたらこの手の被害は以前にも何度かあり、その度お気に入りの温泉から「客質が悪い!」と足が遠のいてしまうのです。
(全くとんでもありましぇんね!ボクがいたらおうちでしている様にお風呂場の前で見張っていましたのに!)と大憤慨する海くんです。
さぁ気を取り直して更にレゴラスくんは東へ走ります。
スポンサーサイト
【2007/10/13】 | --- | コメント(0) | page top↑
<<木馬 | ホーム | みんなの願い?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。