FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
籔酔い?
7月8月と海で遊びまくった〔わん・ダーフォーゲル部〕
「あちゃっ!今年は沢登りあんまりしてない!」なんて慌てているようです。
ボク的には恐怖症も克服できたしいつもお母さんと一緒で楽しい楽しい夏でしたけどね
紅葉登山が始まるまでカナリーヌ母さんとユピー父さんはしばし沢登り登山三昧です。
今回は南日高のオムシャヌプリ岳というカナリーヌ念願の山を目指したそうですよ!
春先に来た時より大きく育った子馬さん達を見て
「あの子馬あんなに大きくなってもまだおっぱい吸ってる!海くんみたい!」
などと失礼な事を言いながら天馬街道を超え
広尾の山の中へ。
河原でキャンプした翌朝川を遡り始めました。
07091201.jpg

相変わらずの浅田ファン

07091202.jpg

むむっ早速滝・・・

07091203.jpg

まずは小手調べ

07091204.jpg

楽しくって笑顔がこぼれちゃう

07091205.jpg

滝さんどんどん来なさい!
07091206.jpg

高い滝は慎重に・・・

07091207.jpg

垂直に近い滝はツルツル滑って手強いの

07091208.jpg

お花も心配するヤンチャなカナリーヌ母さん

この川は去年熊さんが仕留めたばかりの鹿を見つけた場所。
さすがの熊フリーク母さんも熊よけの鈴は忘れずにしっかりザックに付けたようですね。
幸い今回は下山途中についさっきまで寝ていたらしい熊さんの寝床や
生々しい鹿の角を見つけただけで熊さんにはお会いしなかったようです。

ところで皆さんは「窒素酔い」ってご存知ですか
なんでもスクーバーダイビング用語で、水深25m位まで潜水すると希に体に溜まった窒素でお酒に酔ったみたいな症状になる人がいるらしいのです。
カナリーヌ母さんの場合何度もこの窒素酔いにかかり
つまり海底で酔っぱらってしまうのですね
陽気にクルクル海中前転したり、どんどん沈んだり、果ては海中で眠り込んだりしてしまうらしいのです。
もちろん命の危険大有りですから、一緒に潜る方々は大変迷惑を被ります。
せっかく海に潜ったのに「かなちゃんの窒素酔いが気になって魚どころじゃなかった」と嘆く人続出
しかも当の本人はまったく覚えていず、水深10m位に浮上した途端ケロ リと酔いが覚めるのです。

ん?何故山のお話に突然ダイビングの話?
それはつまり、いよいよ沢が尽きて藪漕ぎが始まると
カナリーヌ母さん曰く「藪酔い」が起きるのだそうです。
毎回藪漕ぎの度に悪態をつき、不機嫌になり、ひどい時は「もう帰る~!」とベソをかくお母さん
辟易したお父さんが「どうにかならないの?」とため息をつきました。
すると「かなは藪酔いするんだわぁ」ですって!
「だって藪以外は全然元気でしょ
07091212.jpg


確かに藪を抜けると途端にニコニコらしいですけど、「藪酔い」って…
(ならせめて普段酔っぱらうみたいに陽気に騒いでくれよ~)と願うユピー父さんなのでした。
カナリーヌ母さん藪酔いも立派なルール違反行為ですよ頑張って治しましょうね!
07091210.jpg

下山は違うルートから・・・
07091211.jpg

釜と滝と滑床があればご機嫌のカナリーヌ母さん





スポンサーサイト
【2007/09/13】 | --- | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。